変化する墓

時代に合わせて、葬儀・供養のスタイルも変化しています。自然葬、樹木葬、散骨・・・といったように葬儀の種類もニーズに合わせて多種多様なものとなってきました。
核家族化などが一般的になってきたことから、葬儀自体を行わない、という人も増えているといいます。
また、あとに残る家族のことを考えて生前から葬儀やお墓についてあらかじめ準備しておくという人も少なくないのです。

日々変化していく葬儀事情ですが、最近では永代供養を希望する人が増えています。
永代供養とは、もともとお墓参りにめったに行くことが出来ない人たちの代わりに寺院や霊園がお墓を管理・供養するというものでした。
ですが、最近ではこの永代供養の形も変化してきているといいます。
近年では一人暮らしで身寄りがない人やお墓の後継者がいない人、家族に負担を掛けたくないからといった理由から永代供養を希望する場合も多いそうです。

永代供養で使用されるお墓を永代供養墓と呼び、以前は霊園や寺院の墓地に埋葬するのが一般的でしたが、最近では納骨堂での供養がひろがりつつあります。
納骨堂とは、中に遺骨を供養・保管することができる専用の建物のことです。
形はさまざまな種類があり、ロッカーのような場所に小型のお仏壇が入っていたり、マンション型などもあります。
納骨堂での永代供養は、従来の墓地とくらべても家計への負担も少ないなどメリットも多いため、これからも需要が増えていくと予想されています。
ニーズに合わせて新しいスタイルの納骨堂がますます増えていくことでしょう。

イチ押しリンク

葬儀費用をしっかりと提示してくれるのが嬉しいですよね|SOOGI

葬儀を横浜エリアでするならここへ、大切な人を送り出しましょう;わかば葬祭
京都の永代供養で有名な所といえばここですよ|大機院・同聚院
永代供養を東京でしたいなら、納骨堂などの情報が載っているサイトへ|東京の納骨堂ナビ

Previous entries

  • no entries

About 変化する葬儀・永代供養の納骨堂の魅力